※重複の場合、ご容赦ください。(BCCメール)

■■■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■■■

*..*.:.:*ICIインフォメーション・メール.*:..:*..* 

           ..:* 20160413号 *:..

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先週末に、過去にアップしていた「低い画像度」のビデオ
ファイルをまとめて「高画質・高品質化」させていただき
ました。

 

 最近読みました興味深いのひとつに、『たのしいプロパガンダ』辻田
真佐憲著、という本があります。メッセージは、「本当に恐ろしい大衆
扇動は、娯楽(エンタメ)の顔をしてやってくる!」というものです。内容は、
「戦中につくられた戦意高揚のための勇ましい軍歌や映画は枚挙に
暇ない。しかし、最も効果的なプロパガンダは、官製の押しつけでは
ない、大衆がこぞって消費したくなる「娯楽」にこそあった。本書では
それらを「楽しいプロパガンダ」と位置づけ、大日本帝国、ナチ・ドイツ、
ソ連、中国、北朝鮮、イスラム国などの豊富な事例とともに検証する。
さらに現代日本における「右傾エンタメ」「政策芸術」にも言及。画期的
なプロパガンダ研究。」です。

 

 わたしは、神学教育に人生の大半をささげてきたひとりして、今日
「本当に恐ろしい誤った教えは、娯楽(エンタメ)の顔をしてやってくる!
ということがあるのではないか、と受けとめています。人が集まる、
楽しく盛り上がる内容に満ちている、伝道・教会形成での行き詰まり
の中で、最良の解決策のように受けとめる人たちもいますが、わたしは
逆に「その娯楽のただ中で、誤った教えが巧妙に挿入」することが
意図されているのなら、「本当に恐ろしい大衆扇動」ということに
つながりはしないのか、と懸念する者です。

 

 人が集まる、盛り上がる、というのは、方法論”methodology”
今日の若い人たちの文化脈にあっているからと評価できますが、
それとともに、それ以上に大切なことは、「福音という場合、喜ばしい
知らせなら何でもよいというわけではない。福音が福音という場合、
それはほかでもなく初代教会の使徒たちが宣べ伝えた使信(メッセージ)”
そのものを指している。現代は、方法とか、成果とか、実存という
ことが強調され優先する時代である。しかし、ストットはローザンヌ
会議の講演の中で第一世紀の使徒たちの宣教にふれ、その中で
もっとも中心的なことは、実は方法でも成果でもなく、”使信(メッセージ)
そのものであったと語って注目された。」(『福音主義キリスト教と
福音派』宇田進著、p.54-55)このことが最も重視されなければ、
田畑は、一面金色に輝き、豊作のようにみえたが、おいしいお米
だと期待して収穫してみるとその大半が「ひえやあわ」であった
ということになりはしないでしょうか。

 シカゴ・コールには、以下のような指摘がなされています。
 「いつの時代でも、聖霊は教会に対し、聖書による神の啓示に
忠実であるかどうかの精査を命じられる。…おのおのの伝統を
謙虚にかつ批判的に精査し、間違って神聖視されている教えや
実践を捨て去ることによって、神は歴史上のいろいろな教会の流
れの中で働いておられることを認識しなければならない。」

 

ICIサマー・サナトリウム 2016」参加者募集案内&プログラム !PDF
では、以下のようなICIにおける神学講演・講義の総決算的な
取り組みをしてまいります。特に、ラッドやエリクソンや宇田師
が生涯をかけて取り組んでこられた「福音主義神学」のあり方
を継承・深化・発展させつつ、今日のさまざまな教えの逸脱の
治療にあたります。お祈りください。関心のある方は、メールにて
申し込みください。

 

·         ICI落穂抄-20160409f091006_ディスペンセーション問題三部作 :「ディスペンセーション主義聖書解釈」の問題:【紹介版/高画質更新版】
https://youtu.be/K01D2MNLAoA
*
C.B.
バス著「ディスペンセーション主義の背景」より
1.
ディスペンセーション主義「聖書解釈」の誤りとは
2.
ディスペンセーション主義の「教会論」への悪影響
3.
ディスペンセーション主義の「終末論」への悪影響
*
【全講義掲載サイト】
http://www.aguro.jp/d/file/i_b/ici_stvw-Lectures_in_other_meeting-JEC.html

·         ICI落穂抄-20160409e090925b_k01_ディスペンセーション問題三部作 :「黙示録特別講義:イスラエルと教会」:【紹介版/高画質更新版】
https://youtu.be/e616jWpmJUg
*
「千年王国とイスラエル」問題
-その鳥瞰図と聖書解釈のガイドライン-
1.
『レフトビハインド』の根拠となっている聖書解釈、終末論は、妥当なものだろうか
2.
数多くの終末論-特別な神学的枠組みで
3.
聖書の語る終末論とは何か
*
【全講義掲載サイト】
http://www.aguro.jp/d/file/i_b/ici_stvw-Lectures_in_other_meeting-JEC.html

·         ICI落穂抄-20160409d20090623_k23ディスペンセーション問題三部作 :「終末論:千年王国と大患難諸説」特別講義  主要資料:岡山英雄著『患難期と教会』:【紹介版/高画質更新版】
https://youtu.be/hK3VQwZa4S8
*
【千年 期】
(1) 再臨 大な 。し らく の苦
*
【全講義掲載サイト】
http://www.aguro.jp/d/file/i_b/ici_stvw-Lectures_in_other_meeting-JEC.html

·         ICI落穂抄-20160409c20121001 AST 012『福音主義終末論:再考』講演録「21世紀の終末論の諸課題」:【紹介版/高画質更新版】
https://youtu.be/o_nEsHkXguw
*
教会内で特に議論されることの多いテーマである千年期と患難時代にまつわる諸説を並べ、英語文献の新しい知見を交えながら理解を深める:
*
【全講義掲載サイト】
http://www.aguro.jp/d/file/i_b/ici_stvw-Lectures_in_other_meeting.html

·         ICI落穂抄-20160409b20121001 AST 012『福音主義終末論:再考』講演録「21世紀の終末論の諸課題」:【紹介版/高画質更新版】
https://youtu.be/fUMGhztMsyU
*
旧新約の黙示文学と呼ばれるジャンルの聖書解釈の原則を学び、再臨、空中携挙、最後の審判を巡る諸説を比較検討する。
*
【全講義掲載サイト】
http://www.aguro.jp/d/file/i_b/ici_stvw-Lectures_in_other_meeting.html

·         ICI落穂抄-20160409b20121001 AST 008『福音主義終末論:再考』講演録信徒セミナー「世の終わりと教会の霊性01」【紹介版/高画質更新版】
https://youtu.be/YftblV1oB6s
*
【岡山英雄著『小羊の王国』より】
第二次大戦中、軍による政治的支配は、国家神道に基づく天皇崇拝と深く結びついていた。独裁者は、祭神として宗教的権威を持ち、熱狂的な民族主義と結びついて、破局へと国民を駆り立てたのである。当時、日本の教会は、黙示録13章の、二匹の獣の意味を理解することができず、「獣」の礼拝と「小羊」の礼拝を同時に行い、ついに証人としての力を失った。
*
【全講義掲載サイト】
http://www.aguro.jp/d/file/i_b/ici_stvw-Lectures_in_other_meeting.html

·         ICI落穂抄-20160409a20121001 AST 004『福音主義終末論:再考』講演録「ディスペンセーショナリズムの終末論01」【紹介版/高画質更新版】
https://youtu.be/SouqNrUmIQ8
*
いわゆるディスペンセーショナリズムの発生を歴史的に位置づけ、その歴史観と独自に体系化された終末論的見解およびその影響を検討する。
*
【全講義掲載サイト】
http://www.aguro.jp/d/file/i_b/ici_stvw-Lectures_in_other_meeting.html

·         ICI落穂抄-2016040820121001 AST 001 『福音主義終末論:再考』講演録「近代における終末論01」【紹介版/高画質更新版】
https://youtu.be/9PVJ1xkUcXw
*
『福音主義終末論:再考』講演録「近代における終末論」【紹介版】:自由主義神学発生以後、伝統的終末論がどのように変化していくのか。近代の諸見解と代表的人物と立場を紹介し、課題点をあげて考察する。
【全講義掲載サイト】
http://www.aguro.jp/d/file/i_b/ici_stvw-Lectures_in_other_meeting.html

·         ICI落穂抄-20160407e091124 k01a 『啓示と聖書』「宇田進論文より啓示論補講a」紹介
https://youtu.be/9MtSB1OimGs
*
神学の恩師、宇田進師の論文を用いての「啓示論」補講
*
講義に使用した論文は、わたしの収集した啓示論また聖書論の書籍また論文の中で、最良のレベルのものであり、それはいのちのことば社刊行の『実用聖書註解』に掲載されている。その概要は以下のサイトで講義資料(簡潔版・詳細版)で紹介している。
http://www.aguro.jp/d/file/i_b/ici_stvw-Evangelical_Theology_by_Uda.html

*
すでに掲載していたICIストリーミング・ビデオ・ワールドの講義ビデオファイルを「板書がよく見える」ように高品質化しています。

 

                安黒務

 

****************************************************************************

671-4135 兵庫県宍粟市一宮町安黒332一宮基督教研究所

安黒務:Mail : aguro@mth.biglobe.ne.jp

ICIストリーミング・ビデオ・ワールドhttp://www.aguro.jp/

ICIサポーター:http://www.aguro.jp/d/file/i_b/ici-supporters.html

ICIフェイスブック:https://www.facebook.com/tsutomu.aguro

ICIユーチューブ:
https://www.youtube.com/channel/UCBI0r-OtGczYSm83xbYhVKQ

郵便振替:「一宮基督教研究所」01110-0-15025

****************************************************************************