No.21 伝道と社会的責任

2011/07/19


はしがき

序論

  1. 協議会の背景
  2. 聖書と文化
  1. 礼拝と感謝への召し
  2. 世界伝道への召し
    1. 現代の必要
    2. 定義
    3. 伝道の動機
  3. 社会的責任への召し
    1. 現代の必要
    2. 定義
    3. 社会的責任の動機
  4. 伝道と社会的責任の関係
    1. 歴史的背景
    2. 特定の情況と賜物
    3. 三種類の関係
    4. 優先性の問題
    5. 幾つかの事例
  5. 御国の福音
    1. 救い
    2. 神の国
    3. 御国のしるし
    4. 御国の範囲
  6. 歴史と終末
    1. 偽りの夢
    2. いろいろな千年王国観
    3. 来たるべき裁き
    4. 終末の幻
    5. 連続性
    6. クリスチャンの望み
  7. 行動のための指針
    1. 伝道と社会的責任の諸形態
      1. 社会奉仕と伝道
      2. 社会的行動と伝道
    2. 伝道と社会的責任の諸機関
      1. 伝道と社会的奉仕
      2. 伝道と社会的行動
    3. 自由社会における諸教会
      1. とりなし
      2. 教え
      3. 職業
      4. グループ
      5. 資源
    4. 抑圧下の教会
      1. 首尾一貫性
      2. 証し
      3. 連帯
      4. 苦難
  8. 結論 服従への召し

付録A 協議会出席者

付録B 論文と著者