ICIホームページ /ICI日誌(更新情報等) /ICIサポーター登録案内 (無料視聴【期間限定】資格貸与) / ICI-Face Book「安黒務」(座談会スタイルの質疑応答サイト) / ICI-YouTube (紹介ビデオ一覧)

新企画 ! ICIストリーミング・ビデオ・ワールド:エリクソン著作集 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014宇田進著作・資料集ラッド著作集その他(科目別・時系列分類)/アドバンスト・スクール・オブ・セオロジー JEC牧師会・拡大教職者会 福音主義神学会 関西聖書塾 生駒聖書学院 諸教会電子メール講義録ヨハネの黙示録ガラテヤ書ローマ書、ヘブル書、雅歌

ICI ホームページ表紙 ICI日誌 ICIの意義・目的 ICI資料リスト 神学入門 春名純人著作集 G.E.ラッド著作集 宇田進著作集 エリクソン著作集 ローザンヌの歴史的系譜 一宮基督教研究所講義録 ビデオ講義紹介 ストリーミング・レクチャー 登録申込・資料注文 ビデオ・オン・デマンド 自己紹介&チャペル フォトギャラリー  礼拝メッセージ 福音主義神学会公式サイト   ICI-スマホ・サイト ICI-Booklets for Kindle  ICI-for-JEC   


2005年度 ICI日誌

2016/10/06

下記の予定表にあります、ほぼすべての講義・講演をDVD録画し、60分1000円、90分1500円にてお分けしています。関心のある方はメールにて、お問い合わせください。


ICI ホームページ表紙 年度別 ICI日誌 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013(休み) 2014 2015


────────────────────────────────────

 [Monthly] 一宮基督教研究所インフォメーション・メール 2005/12/01-12/31

     One More Paragraph!   −組織神学的瞑想のひととき−

───────────────── ICI E-Mail Lectures Headline Digest

Merry Christmas & Happy New year !!

 今月のインフォメーション・メールは、12月の Monthlyであるとともに、2005年度の Yearly ICI でもあります。
 2005年度の春までは、「文字」による電子メール講義を中心にすすめてきましたが、途中から「ビデオ講義録」
の紹介へとシフトするように導かれてきました。

 春名純人著『哲学と神学』の序に、「大阪大学文学部哲学科の故伊達四郎教授はその底知れず深い講義に
よって哲学的思索の厳しさを教え、長年に亘る演習を通じてテクストを一語一句厳密に読むことを訓練してくださ
った。」とあります。わたしのささやかな電子メール講義は、エリクソン著作集と宇田進著作集をそのような意識
をもって試みるものです。すぐれた神学著作をそのように丁寧に扱い、分かりやすく解説することが目標です。

 途中から「ビデオ講義録」へとシフトしましたのは、神学校の講義や特別セミナーの奉仕等の準備に多くの時
間を必要としましたので、新たに時間と手間のかかる「文字」による講義から、「講義や講演」そのものを紹介
するだけでよい「ビデオ講義録」紹介をパワーポイントによる講義アウトライン、板書がみえるスナップ写真集、
そしてビデオ講義の導入部分の紹介
というかたちにさせていただくことにしました。

 そして、ビデオ講義録の数年間の蓄積を生かすかたちで、『キリスト教神学−基督教教理入門』の全巻シリ
ーズの完成
に行き着きました。すでに、DVDによる講義録を購入して学びを始めてくださっている方や、購入
を考慮されていることを知らせるメールをいただいていますことは感謝なことです。

 先日、神学会の研究会の関係で恩師の宇田進先生にお電話しましたところ、『キリスト教神学』第四巻の監
修を年末に終えられたこと、そして三月の上旬には出版の運びになることを教えてくださいました。2006年の
西部部会の春期の神学研究会は「神学と宣教」−「ローザンヌ誓約」−「ユダヤ人伝道の神学的位置づけ」
−「終末論」等々のテーマが話し合われていますので、ちょうど良いときに第四巻が出版されることになったと
思います。終末論においては、教派をこえた共通の理解とともにいくつかのテーマでは多様な解釈も存在してい
ます。神学研究会では、丁寧な聖書解釈に基づき、相互理解を深める建設的なディスカッションのときとなれば
と願っています。

 私の神学講義のビデオ講義録とともに、日本福音主義神学会の西部部会の講演等も、昨年に引き続き
「講演者の了解を得つつ、レジュメ資料と講演ビデオ等」をネット上に掲載していく方向ですので、関心のある方
はご覧ください。

 『キリスト教神学−基督教教理入門』のDVD講義録の全巻紹介を下記サイトに掲載しています。ご覧くださり
この新しい年の学びへのチャレンジとしまして、このDVD講義録を学んでいただけたら幸いです。

http://www.aguro.jp/file/v/v_k_04-06/c_v_ct00_k04-06.htm

12/06  

                        DVD講義録全巻完成しました!

 今回の講義で、エリクソンの『キリスト教神学』・『基督教教理入門』のDVDによる講義録が全部揃いました。
個人の神学研究のために、また教会教育の教材として全ての「DVD講義録」をまとめてお買い求めください。
全巻一括でお買い求めの場合、三割引(45講義X1500円=定価67500円→47250円【送料込】)にて
お分かち致します。ご希望の方は、下記までメールください。

12/06

エリクソンの『キリスト教神学』・『基督教教理入門』の集中講義の紹介です。「終末論」の四つの章は、
一宮基督教研究所の引越しのスケジュールの関係で講義時間が少なくなり、いつもの90講義ではなく、
半分の45分講義が四回となりました。一月には、生駒聖書学院で、90分講義四回の「終末論」
集中講義を予定しています。こちらでもう少し詳しい講義ができると期待しています。

下記に「講義スナップ写真集」とそのサイトから「ビデオ講義紹介」へリンクされています。

○「神の慈しみ深い善性
http://www.aguro.jp/file/v/v_k_05-07/v_k_051129_ct14_icd10.htm

○「神の三一性:三位一体
http://www.aguro.jp/file/v/v_k_05-07/v_k_051129_ct16_icd11.htm

●「教会の儀式:洗礼と聖餐
http://www.aguro.jp/file/v/v_k_04-06/v_k_051129_c53-54_icd37.htm

●「導入的な事柄と個人終末論
http://www.aguro.jp/file/v/v_k_04-06/v_k_051130_c56-57_icd38.htm

●「再臨とその結果
http://www.aguro.jp/file/v/v_k_04-06/v_k_051130_c58_icd39.htm

●「千年王国と大患難の見方
http://www.aguro.jp/file/v/v_k_04-06/v_k_051130_c59_icd40.htm

●「最後の状態
http://www.aguro.jp/file/v/v_k_04-06/v_k_051130_c60_icd41.htm

 

11/25

紅葉で美しく彩られた生駒の一宮基督教研究所に行ってまいりました。
MTC(宣教師訓練コース)と三年生合同のクラスに、一年生も合流しての
大人数で集会室での下記の講義でした。新校舎紹介写真集とビデオ紹介
とともにご覧ください。

「ローザンヌ会議・誓約・運動」についての特別講義
     −包括的な視点からみた研究−
 

A.包括的な視点からの考察

1.宣教学コア・カリキュラムからみた「ローザンヌ誓約」

2.歴史神学の視点からみた「ローザンヌ誓約」

3.組織神学の視点からみた「ローザンヌ誓約」

B.「ローザンヌ誓約」の経緯・内容・展開

1.エディンバラ会議からバンコク会議まで

2.エキュメニカル派と福音派−宣教上の諸問題の受けとめ方−

3.ポスト・ローザンヌの動向・展開

一宮基督教研究所生駒新校舎 写真集

一宮基督教研究所生駒新校舎 ビデオ紹介

 

11/08 

 この秋、生駒に移転しました一宮基督教研究所(Kansai Bible Institute)にて
奉仕させていただきました「啓示論」と「神論」の計三つの章にわたる講義の紹介
です。生駒新キャンパスは、関西興銀がバブル期に建設しました、それこそ宮殿の
ような「研修・保養センター」でしたが、バブルの崩壊とともに、債権処理機構の手に
より入札にかけられた物件でした。神さまの不思議な導きと関係者の信仰により、
入手できました。このキャンパスも今後ビデオ紹介させていただきたいと思っています。
 

────────────────────────────────────

     [ICI](v_k_051108_ct13_icd09)           ★ Systematic Theology by Aguro ★

        One More Chapter !   − 組織神学 ビデオ講義のひととき −

────────────────────   ICI Video Lecture Introduction 

 

────────────────────────────────────

     [ICI](v_k_051108_ct15_icd08)           ★ Systematic Theology by Aguro ★

        One More Chapter !   − 組織神学 ビデオ講義のひととき −

────────────────────   ICI Video Lecture Introduction 

 

────────────────────────────────────

     [ICI](v_k_051108_ct12_icd07)           ★ Systematic Theology by Aguro ★

        One More Chapter !   − 組織神学 ビデオ講義のひととき −

────────────────────   ICI Video Lecture Introduction 

 

────────────────────────────────────

 [Monthly] 一宮基督教研究所インフォメーション・メール 2005/10/01-10/31

     One More Paragraph!   −組織神学的瞑想のひととき−

───────────────── ICI E-Mail Lectures Headline Digest

10/20

秋季・冬季の「終末論」集中講義のために準備しましたパワーポイントと講義アウトラインです。

10/06

10/4-5 に、Icoma Bible College にお招きを受け、させていただいた「救済論」と「教会論」
の五つの章にわたる集中講義の紹介です。

────────────────────────────────────

     [ICI](v_i_051005_ct53-54_icd37)           ★ Systematic Theology by Aguro ★

        One More Chapter !   − 組織神学ビデオ講義のひととき −

────────────────────   ICI Video Lecture Introduction 

 

────────────────────────────────────

     [ICI](v_i_051004_ct51-52_icd36)           ★ Systematic Theology by Aguro ★

        One More Chapter !   − 組織神学ビデオ講義のひととき −

────────────────────   ICI Video Lecture Introduction 

 

────────────────────────────────────

     [ICI](v_i_051004_ct50-55_icd35)           ★ Systematic Theology by Aguro ★

        One More Chapter !   − 組織神学ビデオ講義のひととき −

────────────────────   ICI Video Lecture Introduction 

 

────────────────────────────────────

     [ICI](v_i_051004_ct47-48_icd34)           ★ Systematic Theology by Aguro ★

        One More Chapter !   − 組織神学ビデオ講義のひととき −

────────────────────   ICI Video Lecture Introduction 

 

────────────────────────────────────

     [ICI](v_i_051004_ct46_icd33)           ★ Systematic Theology by Aguro ★

        One More Chapter !   − 組織神学ビデオ講義のひととき −

────────────────────   ICI Video Lecture Introduction 

 

 

────────────────────────────────────

 [Monthly] 一宮基督教研究所インフォメーション・メール 2005/09/01-09/30

     One More Paragraph!   −組織神学的瞑想のひととき−

───────────────── ICI E-Mail Lectures Headline Digest

9/30

────────────────────────────────────

[ICI](ICI_050920_ct11_icd06) ★ Systematic Theology by Aguro ★

      One More Chapter !   − 組織神学ビデオ講義のひととき −

────────────────────  ICI Video Lecture Introduction 

こんにちは、一宮基督教研究所の安黒務です。
エリクソンの『キリスト教神学』の第11章・『基督教教理入門』の第6章
「神の言葉の信頼性:無誤性」の講義のビデオ講義のDVDができあがりました。
 
講義の流れ:五分間ごとのビデオ講義録の最初の画面集。(通常の接続でご覧になれます。)
http://www.aguro.jp/file/v/v_k_05-07/v_k_050920_ct11_icd06_intro.htm

パワーポイント・スライド(通常の接続でご覧になれます。)
http://www.aguro.jp/pp/icd06pp.pdf

ビデオ講義紹介(無料)です(光ないしADSL接続でご利用ください)。
http://www.aguro.jp/file/v/v_k_05-07/v_k_050920_ct11_icd06_06.htm
 


────────────────────────────────────

[ICI](ICI_050920_ct10_icd05) ★ Systematic Theology by Aguro ★

      One More Chapter !   − 組織神学ビデオ講義のひととき −

────────────────────  ICI Video Lecture Introduction 

こんにちは、一宮基督教研究所の安黒務です。
エリクソンの『キリスト教神学』の第10章・『基督教教理入門』の第5章
「啓示の保存:霊感」の講義のビデオ講義のDVDができあがりました。
 
講義の流れ:五分間ごとのビデオ講義録の最初の画面集。(通常の接続でご覧になれます。)
http://www.aguro.jp/file/v/v_k_05-07/v_k_050920_ct10_icd05_intro.htm

パワーポイント・スライド(通常の接続でご覧になれます。)
http://www.aguro.jp/pp/icd05pp.pdf

ビデオ講義紹介(無料)です(光ないしADSL接続でご利用ください)。
http://www.aguro.jp/file/v/v_k_05-07/v_k_050920_ct10_icd05_04.htm



────────────────────────────────────

[ICI](ICI_ct51-52_icd36_intro_050914) ★ Systematic Theology by Aguro ★

      One More Chapter !   − 組織神学ビデオ講義のひととき −

────────────────────  ICI Video Lecture Introduction 

こんにちは、一宮基督教研究所の安黒務です。
エリクソンの『キリスト教神学』の第51-52章・『基督教教理入門』の第36章
「教会の役割と政治」のビデオ講義(後半)のビデオ講義のDVDができあがりました。
(講義前半の録画はできませんでしたが、講義テープの録音はあります。)
 
講義の流れ:五分間ごとのビデオ講義録の最初の画面集。(通常の接続でご覧になれます。)
http://www.aguro.jp/file/v/v_k_04-06/v_k_050914_ct51-52_icd36_intro.htm

パワーポイント・スライド(通常の接続でご覧になれます。)
http://www.aguro.jp/pp/icd36pp.pdf

ビデオ講義紹介(無料)です(光ないしADSL接続でご利用ください)。
http://www.aguro.jp/file/v/v_k_04-06/v_k_050914_ct51-52_icd36_7.htm

 

09/21

────────────────────────────────────

   [ICI](k_050914_ct50・55_icd35_4) ★ Systematic Theology by Aguro ★

   One More Chapter !   − 組織神学ビデオ講義のひととき −

──────────────────── ICI Video Lecture Introduction

こんにちは、一宮基督教研究所の安黒務です。
エリクソンの『キリスト教神学』の第50・55章・『基督教教理入門』の第35章
「教会の性質」のビデオ講義のDVDができあがりました。
そのNo.04を紹介させていただきます。

講義の流れ:五分間ごとのビデオ講義録の最初の画面集。(通常の接続でご覧になれます。)
http://www.aguro.jp/file/v/v_k_04-06/v_k_050914_ct50-55_icd35_intro.htm

講義アウトライン:パワーポイント・スライド(通常の接続でご覧になれます。)
http://www.aguro.jp/pp/icd35pp.pdf

講義紹介:五分間のビデオ講義紹介(無料)です(光ないしADSL接続でご利用ください)。
http://www.aguro.jp/file/v/v_k_04-06/v_k_050914_ct50-55_icd35_4.htm

        【講義後−感想メモ】

この夏の神学研究会の奉仕において、私たち「福音派」
の神学のあり方が一世紀から十七世紀の正統主義神
学までの遺産に依存している
ことを再確認させられました。

この神学的遺産に立脚し、十八世紀以降の約三百
年間の神学研究の進展
をも視野に入れ、対話しつつ
「新しい時代の福音主義神学」のあり方を探求している
のが、エリクソンの『キリスト教神学』といえると思います。

ここで私たちの課題、またチャレンジとして与えられてい
る事柄があります。それは、十七世紀までの遺産の継
承で「神学的思索」を停止するのではなく、ここ三百年
間に存在してきた「神学研究」にも視野をもつことです。

そのために、H.G.ペールマン著『現代教義学総説』
や宇田進師の著作・資料等はかなり役に立つと思い
ます。「教会論」研究においても、ここ三百年間の議論
を押さえていくことが必要と思います。

09/04

「福音主義神学の基礎、そしてその視点からの聖書の批評的研
究・バルト神学・ポストモダン≠フ評価」
(DVD講義録:335分間=
5500円+送料)
をテーマにしての集中講義 のDVD講義録のひと
こま
を掲載しています。

講義の流れ:五分間ごとのビデオ講義録の最初の画面集。(通常の接続でご覧になれます。)
http://www.aguro.jp/file/p/ptm_20050808-09.htm

講義アウトライン:パワーポイント・スライド(通常の接続でご覧になれます。)
http://www.aguro.jp/etc/20050808-09_ptm.pdf

●講義紹介:五分間のビデオ講義紹介(無料)です(光ないしADSL接続でご利用ください)。

 

 

────────────────────────────────────

 [Monthly] 一宮基督教研究所インフォメーション・メール 2005/08/01-08/31

     One More Paragraph!   −組織神学的瞑想のひととき−

───────────────── ICI E-Mail Lectures Headline Digest

08/30

「ローザンヌ会議とその後の流れ」についての特別講義の下準備の
一環として、「ローザンヌ会議の歴史的系譜」についてのページを作
りました。元々の資料は「ローザンヌ運動」のホームページの中に
資料リンクのかたちで掲載されています。

08/10

 2005年の夏、エリクソン著『キリスト教神学』の第一巻を軸に「福
音主義神学の基礎、そしてその視点からの聖書の批評的研究・
バルト神学・ポストモダン≠フ評価」
をテーマにしての集中講義をさ
せていただきました。 奉仕の生涯の最初の数年間に学ぶ「基礎
神学教育課程」ではあまり学ぶことのない、ある意味で「継続神学
教育課程」
に属する領域を、エリクソン著『キリスト教神学』、また
宇田進著『福音主義キリスト教と福音派』『総説福音主義神学』、
アリスター・マクグラス著『キリスト教の将来』という福音派の信頼
できるスタンダードの視点から
、その輪郭とエッセンスを分か
りやすく学びました。テレビのDVDレコーダーでも見れる「DVD
−R講義」
ができましたので、希望される方は下記のメールアド
レスにお問い合せくださり、お申し込みください。

【テーマ】

『福音主義神学における啓示・聖書・解釈の問題について』 −
エリクソン著「キリスト教神学」・宇田進著「総説福音主義神学」をめぐって−

【内容】

<第一日:150分>… 1.今日の福音主義の「基礎」、2.「聖
書の批評的研究」の福音主義神学の視点からの評価

<第二日:185分>… 3.福音主義神学と「バルト神学」の啓
示理解の相克、4.「ポストモダン時代」における福音主義神学

北は北海道、南は九州からと、熱心な先生方16名が集まって
くださいました。内容としましては、板書・図示しながら分かりや
すくお話ししましたので、かなり好評で、熱心な質疑がなされ、
充実した神学研修の二日間でした。

●講義に使用しましたパワーポイント資料:講義の参考資料です。
http://www.aguro.jp/etc/20050808-09_ptm.pdf

●講義ビデオの五分間隔のスナップ写真集:板書が分かります。
http://www.aguro.jp/file/p/ptm_20050808-09.htm

★今回の「DVD−R講義録」はかなり好評ですので、注文された
順番にコピー作成し、発送させていただいています。お早目にお申
し込みください。価格は、これまでの価格と同様、30分講義500円
での計算とさせていただき、第一日のDVD講義録:2500円、第二
日のDVD講義録:3000円と送料となります。注文メールをいただ
}きましたら、確認メールをお送りします。確認できましたら、「郵便
振替用紙」を同封して発送させていたたきます。振込みは品物到
着後、一週間以内にお振込みください。

 「神学研究会」のご案内 …

「神学研究会」のご案内をさせていただきます。今年の夏、ペンテコ
ステ神学研究会に招かれ、エリクソン著『キリスト教神学』の第一巻
に記述されています「福音主義神学の基礎・聖書の批評的研究・
バルト神学・ポストモダン等々」
をテーマにしての公開集中講義をさ
せていただきます。

 集中講義の準備のために、教文館の聖書批評学関係の文献とし
 て「聖書の研究シリーズ」を約50冊ほど買い求め、目を通している
ところです。批評学・バルト神学・ポストモダンの背景研究としては
共立基督教研究所時代の恩師の宇田進師の『総説 福音主義神
学』
最良の解説書と思います。神学校の神学生にもいつも紹介
 させていただいていますが、この書籍はエリクソン著『キリスト教
神学』を理解する上での必読書です。

 これらの領域は、素朴な聖書信仰にたちつつ、学究的レベルを
上げてきている福音派
の教職者・伝道師・神学生・信徒リーダーの
方々に必須の領域です。またこれらの領域は、いうなればフグ
料理
を食べるのに似いています。「美味でありますが、食べ方
を間違うと命を落とす」
たぐいです。

 その意味で、エリクソンは第一巻において肯定面・否定面を冷静
 に分析し、福音主義者としての安全なガイドラインを提示しています。
 そのあたりを、イラスト的板書・分かりやすい解説・丁寧な質疑応答
 を含め、ご一緒に分かりやすく学びます。希望される方は下記の
案内に申し込み先が記述されていますのでお申し込みください。
http://www.aguro.jp/etc/pt_meeting.pdf

 

────────────────────────────────────

 [Monthly] 一宮基督教研究所インフォメーション・メール 2005/07/01-07/31

     One More Paragraph!   −組織神学的瞑想のひととき−

───────────────── ICI E-Mail Lectures Headline Digest

07/04

────────────────────────────────────

     [ICI](v_i_050615_ct45_icd32a)           ★ Systematic Theology by Aguro ★

        One More Chapter !   − 組織神学ビデオ講義のひととき −

────────────────────   ICI Video Lecture Introduction 

 

────────────────────────────────────

     [ICI](v_i_050615_ct44_icd31)           ★ Systematic Theology by Aguro ★

        One More Chapter !   − 組織神学ビデオ講義のひととき −

────────────────────   ICI Video Lecture Introduction 

 

────────────────────────────────────

     [ICI](v_i_050615_ct43_icd30)           ★ Systematic Theology by Aguro ★

        One More Chapter !   − 組織神学ビデオ講義のひととき −

────────────────────   ICI Video Lecture Introduction 

 

07/04

────────────────────────────────────

[ICI](ibc_050614_ct42_icd29)★Daily Systematic Theology by Aguro ★

      One More Chapter !   − 組織神学ビデオ講義のひととき −

────────────────────  ICI Video Lecture Introduction 

こんにちは、一宮基督教研究所の安黒務です。

            【講義感想メモ】

 「聖霊の働き」の章を神学生とともに学んでいて思うことは、第一に
エリクソンは「クリスチャン生活における聖霊の働き」を「クリスチャン
生活の始まり・クリスチャン生活の継続・キリストのからだへの賜物:
付記」という構成です。これはH.ベルコフの『聖霊の教理』における
「聖霊と個人」の章における「義認・聖化・召命」に符合します。

 また、エリクソンの「今日における奇跡的賜物」の中の「異言」に
ついての議論は、J.D.G.ダンの『イエスと御霊』「アバ父」意識
を中心的意識から同心円的に知性的−情緒的−霊的と、水面の
水もん≠フように捉える包摂的な見方
、さらに「子とされること」の
教理の主観的・経験的側面との関係
を深く思索していくことが大切
と思います。

 それから、エリクソンの「預言と聖書の付与」の箇所に関して、
聖書は「まったく人間の手による書」とするJ.バーの立場、啓示と
聖書を区別するK.バルトの立場、啓示と聖書の同一性を信じる
福音派の立場があります中で、無誤の聖書を保証する霊感の働き
を深く解き明かす
ことが大きな課題であると思います。

□エリクソンの『キリスト教神学』の第42章・改訂版『基督教教理入門』

第29章「聖霊の働き」の講義スナップ写真−10分単位の講義
ビデオそれぞれの最初の画面です。板書の様子等が分かります。

●通常接続でご覧になれます。

http://www.aguro.jp/file/v/v_i_03-05/v_i_050614_ct42_icd29.htm

□90分講義の最初の10分の講義ビデオが下記からリンクされています。

「聖霊の働き」(光ないしADSL接続でご覧ください。)

http://www.aguro.jp/file/v/v_i_03-05/v_i_050614_ct42_icd29_1.htm

 

 

────────────────────────────────────

 [Monthly] 一宮基督教研究所インフォメーション・メール 2005/06/01-06/30

     One More Paragraph!   −組織神学的瞑想のひととき−

──────────────────── ICI E-Leraning Headline Digest

 六月に配信させていただきました電子メール講義のダイジェストです。
 

6/20

────────────────────────────────────

[ICI](ibc_050614_ct41_icd28)★Daily Systematic Theology by Aguro ★

      One More Chapter !   − 組織神学ビデオ講義のひととき −

────────────────────  ICI Video Lecture Introduction 

こんにちは、一宮基督教研究所の安黒務です。生駒聖書学院での
エリクソンの『キリスト教神学』の第41章・『基督教教理入門』の第28章
「聖霊の人格」の講義スナップ写真−10分単位の講義ビデオそれぞれ
の最初の画面です。板書の様子等が分かります。

●通常接続でご覧になれます。
http://www.aguro.jp/file/v/v_i_03-05/v_i_050614_ct41_icd28.htm

□90分講義の最初の10分の講義ビデオが下記からリンクされています。
●「特別啓示」(光ないしADSL接続でご覧ください。)
http://www.aguro.jp/file/v/v_i_03-05/v_i_050614_ct41_icd28_1.htm

●携帯ホームページ更新情報
http://www2s.biglobe.ne.jp/~aguro/diary/050620.htm

              【講義感想メモ】

 生駒聖書学院では、三学年合同授業ですので、三年間で「基
督教教理入門」の41章を教えるかたちにしています。これまでの
二年間で神学入門・啓示論・神論・人間論・キリスト論まで学び
ましたので、今年は聖霊論・救済論・教会論・終末論を学ぶ予定
です。

 聖霊論は「その重要性、理解することの困難さ」を導入部分とし、
「聖霊の神性」と「聖霊の人格性」を本論としています。神と聖霊
交換可能性悲しまれる聖霊などの箇所から分か
りやすい論証を行っています。

 

6/18

────────────────────────────────────

[ICI](ICI_050525_ct47-48_icd34_1) ★ Weekly Systematic Theology by Aguro ★

      One More Chapter !   − 組織神学ビデオ講義のひととき −

────────────────────  ICI Video Lecture Introduction 

こんにちは、一宮基督教研究所の安黒務です。
エリクソンの『キリスト教神学』の第47-48章・『基督教教理入門』の第34章
「救いの継続と完成」のビデオ講義の導入部分を学んでまいりましょう。

講義スナップ写真−10分単位の講義
ビデオそれぞれの最初の画面です。板書の様子等が分かります。

●通常接続でご覧になれます。
http://www.aguro.jp/file/v/v_k_04-06/v_k_050525_ct47_icd34.htm

□90分講義の最初の10分の講義ビデオが下記からリンクされています。

●光ないしADSL接続でご覧ください。
http://www.aguro.jp/file/v/v_k_04-06/v_k_050525_ct47_icd34_1.htm

                 【講義感想メモ】

この章は、エリクソンの聖化論と栄化論についての章です。章の構成
からみますと、聖書論と救済論に六つの章をさいているのに比して、
「聖化・聖徒の堅忍・栄化」でひとつの章の配分は少ないとの印象です。
ただ、逆をいえば、ここにもまた穏健カルヴァン主義者≠ニしての
エリクソンの神学的スタンス
があらわれているともいえます。

 聖化論では「地上での完全な聖化が可能なのか?」を問い、聖徒の
堅忍では「議論の中心としてのヨハネ10:27-30とヘブル6:4-6」の丁寧な
聖書解釈
をしているところに目が引かれます。

6/06

────────────────────────────────────

[ICI](ICI_050525_ct46_icd33)★Daily Systematic Theology by Aguro ★

      One More Chapter !   − 組織神学ビデオ講義のひととき −

────────────────────  ICI Video Lecture Introduction 

こんにちは、一宮基督教研究所の安黒務です。

           

□エリクソンの『キリスト教神学』の第46章・改訂版『基督教教理入門』
第33章「救いの始まり:客観的側面」の講義スナップ写真−10分
単位の講義ビデオそれぞれの最初の画面です。板書の様子等が
分かります。

●通常接続でご覧になれます。

http://www.aguro.jp/file/v/v_k_04-06/v_k_050525_ct46_icd33.htm

□90分講義の最初の10分の講義ビデオが下記からリンクされています。

救いの始まり:客観的側面(光ないしADSL接続でご覧ください。)

http://www.aguro.jp/file/v/v_k_04-06/v_k_050525_ct46_icd33_1.htm

                 【講義感想メモ】

 「救いの始まり:客観的側面」の講義を終えて思うことは、前回の『主観的
側面』が「人の実際的な霊的状態」に対して、『神との関係における個々人
の地位・立場の変化
』についての学びです。この章では『包括的用語』として
の“In Christ”と『法廷的用語』としての義認=Aそして『関係的用語』とし
ての子とされること≠ェ丁寧に説明されています。

  エリクソンの著述の特徴としては、「キリストの結合についての不適切なモ
デル
」や「法的義認の教理への異議」を扱っている点があります。一方的な
説明に終始することなく、多面的な議論の存在を扱うエリクソンのふところの
深さを教えられます。

 

 

 

 

────────────────────────────────────

 [Monthly] 一宮基督教研究所インフォメーション・メール 2005/05/01-05/31

     One More Paragraph!   −組織神学的瞑想のひととき−

───────────────── ICI E-Mail Lectures Headline Digest

5/30,31

M.Miyakoshiさん、S.Yoshioさん、Y.Matsuoさん、イーバンク銀行を通して
ICIへの献金をいただきありがとうございました。心より感謝申し上げます。

5/30

────────────────────────────────────

[ICI](ICI_050524_ct09_icd05)★Daily Systematic Theology by Aguro ★

      One More Chapter !   − 組織神学ビデオ講義のひととき −

────────────────────  ICI Video Lecture Introduction 

こんにちは、一宮基督教研究所の安黒務です。

            【講義感想メモ】

 「特別啓示」の講義を終えて思うことは、特別形式の様式において、
「人格的性質」「人間的性質」「類比的性質」が扱われている理由は、
聖書の神的性質≠ニ人的性質≠フ人的性質の部分について
疑義が提示されている
ことへのエリクソンの回答ということができます。

また、「命題的か、人格的か?」では、命題的真理の拒絶に対して、
「命題的真理→保存→文書化」のプロセスを明らかにし、人格的臨在
と情報としての真理の両面の重要性
を主張しています。これらの議論
の背景として新正統主義神学≠フ原則をある程度押さえておくと、
エリクソンの主張を深く理解することができると思います。

□エリクソンの『キリスト教神学』の第9章・改訂版『基督教教理入門』の
第5章「特別啓示」の講義スナップ写真−10分単位の講義ビデオ
それぞれの最初の画面です。板書の様子等が分かります。

●通常接続でご覧になれます。

http://www.aguro.jp/file/v/v_k_05-07/v_k_050524_ct09_icd05.htm

□90分講義の最初の10分の講義ビデオが下記からリンクされています。

●「特別啓示」(光ないしADSL接続でご覧ください。)

http://www.aguro.jp/file/v/v_k_05-07/v_k_050524_ct09_icd05_1.htm

 

5/27

────────────────────────────────────

[ICI](ICI_050524_ct08_icd04_1) ★ Weekly Systematic Theology by Aguro ★

      One More Chapter !   − 組織神学ビデオ講義のひととき −

────────────────────  ICI Video Lecture Introduction 

こんにちは、一宮基督教研究所の安黒務です。
エリクソンの『キリスト教神学』の第8章・『基督教教理入門』の第4章
「神の普遍的啓示」のビデオ講義の導入部分を学んでまいりましょう。 

□講義スナップ写真−10分単位の講義ビデオそれぞれの最初の画面です。
板書の様子等が分かります。通常接続でご覧になれます。
http://www.aguro.jp/file/v/v_k_05-07/v_k_050524_ct08_icd04.htm

□90分講義の最初の10分の講義ビデオが下記からリンクされています。
光ないしADSL接続でご覧ください。
http://www.aguro.jp/file/v/v_k_05-07/v_k_050524_ct08_icd04_1.htm

                【講義感想メモ】

 「神の普遍的啓示」の講義を終えて、その内容構成を振り返ります。
一般啓示の様式として、「自然、歴史、人間」を扱い、次に自然神学を
説明と批判し、「自然神学なしに、一般啓示の現実と効力を認める
カルヴァンの立場にたつことの大切さを教え、最後の一般啓示と人間
の責任では、「一般啓示を通して神を知りうること、良心を通して罪を
明らかにされ」ますが、罪に汚れ、神への反逆のうちにある人間は、
その開かれている救いの可能性≠ノ応答するよりも、神を憎み、
罪を愛する方向において応答する
ことが明らかにされます。

 自然神学の関係では、春名純人著『哲学と神学』、一般啓示を通し
ての救いの議論についてはエリクソン著“How shall They be saved?
安黒編集『死後の回心と救いのチャンスについて』が有効です。
http://www.aguro.jp/file/m/meth_0909.htm

 

5/26

────────────────────────────────────

[ICI](ICI_050524_ct07_icd03pm)★Daily Systematic Theology by Aguro ★

      One More Chapter !   − 組織神学ビデオ講義のひととき −

────────────────────  ICI Video Lecture Introduction 

こんにちは、一宮基督教研究所の安黒務です。

            【講義感想メモ】

 「ポストモダンと神学」の講義を終えて思うことは、エリクソンの著作
二十数冊のうちの最近の数冊は「ポストモダン」を扱うものだということ
です。これは、エリクソンがこの章で、神学を思索する歴史的な枠組み
として「プレモダンの時代」→「モダンの時代」→「ポストモダンの時代」
を明確に意識しているということです。

 ただ、「ポストモダンの時代」といっても、まったく未知の時代が到来
しているというわけではなく、原理%Iな意味ではモダンたる
理主義≠フ時代
から、ポスタモダンたる非合理主義≠フ時代へと
歴史の振り子が反対方向に大きく振れていると理解すると時代
の特徴を理解しやすいと思います。

 そして、「第五章 キリスト教のメッセージの今日化」の原則は、ポス
トモダンの時代においてもなお有効だと思います。

□エリクソンの『キリスト教神学』の第7章・改訂版『基督教教理入門』の
第3章「ポストモダンと神学」の講義スナップ写真−10分単位の講義
ビデオそれぞれの最初の画面です。板書の様子等が分かります。

第3章「ポストモダンと神学」の講義スナップ写真:通常接続でご覧になれます。

□90分講義の最初の10分の講義ビデオが下記からリンクされています。

「ポストモダンと神学」ビデオ講義紹介:(光ないしADSL接続でご覧ください。)
 

 「ペンテコステ神学研究会」のご案内

   …今年の夏、ペンテコステ神学研究会に招かれ、エリクソン著『キリスト教神学』の
     第一巻周辺をテーマにしての公開集中講義をさせていただきます。公開講義
     ですので、希望される方は上記の案内に申し込み先が記述されていますので
     お申し込みください。

5/19

────────────────────────────────────

[ICI](ICI_050517_ct05_icd02_intro)★Weekly Systematic Theology by Aguro ★

      One More Chapter !   − 組織神学ビデオ講義のひととき −

────────────────────  ICI Video Lecture Introduction 

こんにちは、一宮基督教研究所の安黒務です。

□エリクソンの『キリスト教神学』の第五章・『基督教教理入門』の第二章
「キリスト教のメッセージの今日化」の講義スナップ写真−10分単位の
講義ビデオそれぞれの最初の画面です。板書の様子等が分かります。

●通常接続でご覧になれます。

□前半90講義の最初の10分と後半90分講義の最初の10分の講義
ビデオが下記からリンクされています。

「キリスト教のメッセージの今日化」(光ないしADSL接続でご覧ください。)

質疑応答タイム(光ないしADSL接続でご覧ください。)

携帯ホームページ更新情報

 

5/18

○ 「携帯電話版ICIホームページ」の中に『携帯ICI日誌』を作成しました。
[講義感想メモ]等を記述していますので、ご覧ください。


────────────────────────────────────

[ICI](ICI_050511_ct03_icd01b_intro) ★Daily Systematic Theology by Aguro ★

      One More Chapter !   − 組織神学 ビデオ講義のひととき −

────────────────────  ICI Video Lecture Introduction 

こんにちは、一宮基督教研究所の安黒務です。
エリクソンの『キリスト教神学』の第3章・『基督教教理入門』の第1章後半
「神学の方法」のビデオ講義の導入部分を学んでまいりましょう。

パワーポイント・スライド(通常の接続でご覧になれます。)

「神学の方法」のビデオ講義紹介(無料)です(光ないしADSL接続でご利用ください)

5/14
───────────────────────────────────

[ICI](ICI_20050510_ct45_icd32_intro)★ Weekly Systematic Theology by Aguro ★

   One More Chapter !   − 組織神学 ビデオ講義のひととき −

────────────────────  ICI Video Lecture Introduction 

こんにちは、一宮基督教研究所の安黒務です。
エリクソンの『キリスト教神学』の第45章・『基督教教理入門』の第32章
「救いの始まり:主観的側面」のビデオ講義の導入部分を学んでまいりましょう。

パワーポイント・スライド(通常の接続でもご覧になれます。)

「救いの始まり:主観的側面」のビデオ講義(光ないしADSL接続でご利用ください。)

 

5/12
────────────────────────────────────

[ICI](ICI_20050510_ct44_icd31_intro) ★ Daily Systematic Theology by Aguro ★

      One More Chapter !   − 組織神学 ビデオ講義のひととき −

────────────────────  ICI Video Lecture Introduction 

こんにちは、一宮基督教研究所の安黒務です。
エリクソンの『キリスト教神学』の第44章・『基督教教理入門』の第31章
「救いの先行性:予定」のビデオ講義の導入部分を学んでまいりましょう。

パワーポイント・スライド

「救いの先行性:予定」のビデオ講義(光ないしADSL接続でご利用ください。)

 

────────────────────────────────────

 [Monthly] 一宮基督教研究所インフォメーション・メール 2005/04/01-04/30

     One More Paragraph!   −組織神学的瞑想のひととき−

───────────────── ICI E-Mail Lectures Headline Digest

 

4/28

────────────────────────────────────

 [ICI](ICI.20050428) ★ Introducing Christian Doctrine by Aguro ★

     One More Chapter !   −組織神学的思索のひととき−

──────────────────── ICI Video Lecture Introduction

  「キリスト教教理入門」第九部

         第30章 救いの概念

■救いとは、個々人の生活へのキリストのみわざの適用です。■

  1. 救いの概念が相違する項目
     
    1. 時間の次元
    2. 必要の性質と所在
    3. 救いの手段
    4. 救いにおける運動の方向
    5. 救いの範囲
       
  2. 救いについての最近の概念
     
    1. 解放の神学
    2. 実存主義神学
    3. 世俗神学
    4. 今日のローマ・カトリックの神学
    5. 福音主義神学  

○上記の「2003-2005KV講義」の中に、今週の神学校での集中講義の導入部分を公開しています。

○上記のビデオ講義全体を「E−ラーニング形式」で有料で学びたい方は、メールにてお申し込みください。

 

4/25

────────────────────────────────────

 [jets_west](.20050425) ★ 日本福音主義神学会西部部会春期研究会議 ★

─────────────────── Christian Spirituality Introduction

 当日の渡辺睦夫師の「主題講演ビデオ」と「講演レジュメ」 とわたしの奉仕させて
いただきましたささやかな「レスポンス」を掲載させていただいています。
上記の「神学会関連サイト」からご覧ください。五つに分割し、掲載しています。
 最初は主題講演のみ掲載していましたが、レスポンスも同じところに掲載した方が
みてくださる方に益と思い、別の場所に掲載していましたファイルを移動させていた
だきました。悪しからず。

 

4/22

────────────────────────────────────

 [jets_west](.20050425) ★ 日本福音主義神学会西部部会春期研究会議 ★

─────────────────── Christian Spirituality Introduction

 主題講演者の渡辺睦夫先生の「主題講演レジュメ(第三便)」が届いて
います。とてもすばらしい内容ですので、研究会議参加案内をこめて
紹介させていただきます。下記のサイトからご覧ください。

 充実した研究会議になると思いますので、お近くの方はお誘いあわせ上
お越しください。 

■ご案内

 ○日時、場所、プログラム、研究発表者、主題講演者、等々 

 ○主題講演「福音主義神学・霊性:イントロダクション」レジュメ(第三便)

     /jets_west/jets_west00.htm 

★Weekly の配信のペースが落ちていますので、現在取り組ませて
いただいてます奉仕である「神学会」のインフォメーションを送らせて
いただきます。参考資料としてください。

4/22

────────────────────────────────────

     [ICI](video_ICI_et_20050421_ICI_jec) ★ Evangelical Theology by Aguro ★

        One More Study !   − 福音主義神学ビデオ講義のひととき −

────────────────────   ICI Video Lecture Introduction 

 

4/14

────────────────────────────────────

 [ICI](ICI.20050414) ★ Introducing Christian Doctrine by Aguro ★

     One More Chapter !   −組織神学的思索のひととき−

──────────────────── ICI Video Lecture Introduction

  「キリスト教教理入門」第九部

         第28章 聖霊の人格

■聖霊という研究主題を正しい教理的コンテキストに位置づけて学ぶことが大切です。■

         第29章 聖霊のみわざ

■論争が多くあった領域は、聖霊のより一般的な活動という背景から観察することが大切です。■

 上記の「2003-2005KV講義」の中に、今週の神学校での集中講義の導入部分を公開しています。

 

4/01

○ 今月は、「電子メール講義」の配信を休ませていただいて、「神学校講義」や「神学会奉仕」等の
   ビデオ・ファイルを掲載させていただいています。

 

────────────────────────────────────

 [ICI](icd.1136303003) ★ Weekly Systematic Theology by Aguro ★

     One More Paragraph!   −組織神学的瞑想のひととき−

───────────────────────── ICI E-Mail Lectures

  「キリスト教教理入門」第十一部 第36章 教会の役割と政治 

   第三節 教会政治の様式:第三項 会衆制

03/25■教会政治における会衆制のうちに
        代議制民主主義の幾つかの要素が存在しています。■
     </pdf/icd11/1136/icd.1136303003.pdf >
       (パスワード:6251)

 それなら、信徒と「役員」「教職」と
どこで分けて考えればいいのだろうか。

 もし相違点があるとすれば、
それは本質的、身分的な、実体的なものではなく、

教会の使命を担う上での、職務、機能の違い、
さらには賜物と務めの違いと言うことができよう。

 

────────────────────────────────────

 [Monthly] 一宮基督教研究所インフォメーション・メール 2005/03/01-03/31

     One More Paragraph!   −組織神学的瞑想のひととき−

───────────────── ICI E-Mail Lectures Headline Digest

 

────────────────────────────────────

[ICI](icd.1241010403)★sometimes Daily Systematic Theology by Aguro★

      One More Paragraph!   −組織神学的瞑想のひととき−

───────────────────────── ICI E-Mail Lectures

   「キリスト教教理入門」

    第十二部 第41章 最後の状態 

   第一節 正しい人々の最後の状態:第四項 天国に関する諸問題

3/23 ■第三の問題は、完成の問題に関係しています。■
   </pdf/icd12/icd1241/icd.1241010403.pdf
     (パスワード:9211)   

 さて天国は終着点に届かなかった状態が固定されたものではなく、
もはや進歩しえないものをはるかに超えた完成の状態です。

 それゆえ、私たちは天国においては成長することはないでしょう。
しかしながら、わたしたちは神から受け取るであろう完成された
人格を行使し続ける
でしょう。ジョン・ベイリー は「完成に向けての発展」
に反対して「完成における発展 」について語っています。

 

────────────────────────────────────

[ICI](icd.1241010401)★sometimes Daily Systematic Theology by Aguro★

      One More Paragraph!   −組織神学的瞑想のひととき−

───────────────────────── ICI E-Mail Lectures

   「キリスト教教理入門」

    第十二部 第41章 最後の状態 

   第一節 正しい人々の最後の状態:第四項 天国に関する諸問題

3/21 ■第二の問題は、肉体における満足の問題に関するものです。■
     </pdf/icd12/icd1241/icd.1241010402.pdf
      (パスワード:3421)   

天国での経験はこの地上での経験をはるかに凌ぐものである
(Tコリント2:9-10)ことを理解すべきです。

おそらく天国での経験は、
例えば永遠かつ排他的な約束をするように選ばれた特別な個人
との性的な合一の経験を超越する、超性的なのものとして考えられるべきです。

 

────────────────────────────────────

 [ICI](icd.1136303002) ★ Weekly Systematic Theology by Aguro ★

     One More Paragraph!   −組織神学的瞑想のひととき−

───────────────────────── ICI E-Mail Lectures

  「キリスト教教理入門」第十一部 第36章 教会の役割と政治 

   第三節 教会政治の様式:第三項 会衆制

03/18■民主主義の原理は、万人祭司性の上に立脚しています。■
      </pdf/icd11/1136/icd.1136303002.pdf >
        (パスワード:9041)

 カトリックの教理理解からすれば、
罪人なる人間が、神の前に義とされるためには、
聖職」者によるサクラメントにあずかる以外に道はなく、
その執行者としての教職の位置は絶対であり、
信徒はこの聖職者階級に従属する立場に置かれていた。

 それに対し、イエス・キリストの贖罪死によって、
仲保者的意味の犠牲廃棄させられたと捉えるのが、
新約聖書に示された信仰にもとづく理解であり、
ルター、カルヴァンに代表される宗教改革者たちの
基本的信仰の受け止め方であった。…

 バプテストにおいて、役員、執事、牧師の位置を論ずる際に、
まず前提になるのが、この万人祭司論である。
 すなわち、バプテストにおいては、
信徒論のカテゴリーで、役員、教職の位置が与えられるのである。

 

3/18

日本福音主義神学会 西部部会 春期研究会のご案内−日時、場所、プログラム、研究発表者、主題講演者、等々。

────────────────────────────────────

[ICI](icd.1241010401) ★ Daily Systematic Theology by Aguro ★

      One More Paragraph!   −組織神学的瞑想のひととき−

───────────────────────── ICI E-Mail Lectures

   「キリスト教教理入門」

    第十二部 第41章 最後の状態 

   第一節 正しい人々の最後の状態:第四項 天国に関する諸問題

3/14 ■天国に関して論争のある諸問題のひとつは、それがひとつの
      場所なのか、あるいはひとつの状態なのかということです。■
   </pdf/icd12/icd1241/icd.1241010401.pdf
     (パスワード:8560)        

歴史理解や地上的生、事物性に関して、単純に二元論的・世界逃避的傾向…。

カルヴァンが、ファン・ルーラーの指摘するアウグスティテヌス以来の
伝統の問題点
を克服しきれているかといえば、それも言いすぎであろう。
カルヴァン以降の改革派神学においても同様である。

それほどまでにグノーシス的・ギリシャ的・アナバプテスト的
パン種
を取り除くことは困難なのである。

 

────────────────────────────────────

 [ICI](icd.1136303001) ★ Weekly Systematic Theology by Aguro ★

     One More Paragraph!   −組織神学的瞑想のひととき−

───────────────────────── ICI E-Mail Lectures

  「キリスト教教理入門」第十一部 第36章 教会の役割と政治 

   第三節 教会政治の様式:第三項 会衆制

03/11■教会政治の第三の様式は、個々のクリスチャンの役割を強調し、
                地方教会の会衆を権威の座としています。■
      </pdf/icd11/1136/icd.1136303001.pdf >
        (パスワード:2460)

      バプテスト教会における「役員」というカテゴリーで考えるならば、
       次の三点にまとめることができよう。

      まず第一点として、伝統的にバプテストは、
       万人祭司主義の立場に立って、
       役員の位置を「信徒」の枠の中にしっかりと位置づけてきたこと、

      第二の点は、「執事」という呼称を比較的好んで用い、
       その役割と機能を明確にしてきたこと、

      第三の点としては、「教会の職制」、役員の機能、働きについては
       十分に意味を見出し、それを尊重しつつも、決して権威付けをしたり、
       固定化させることなく、状況に即応した形で柔軟に対応してきた点
       などを上げることができよう。

 

────────────────────────────────────

 [ICI](icd.1136302004) ★ Weekly Systematic Theology by Aguro ★

     One More Paragraph!   −組織神学的瞑想のひととき−

───────────────────────── ICI E-Mail Lectures

  「キリスト教教理入門」第十一部 第36章 教会の役割と政治 

   第三節 教会政治の様式:第二項 長老制

03/04■長老派の形態はただひとつのレベルの教職者のみ
       存在することにおいて、監督教会とは異なっています。■
      </pdf/icd11/1136/icd.1136302004.pdf >
         (パスワード:1531)

    長老主義は監督主義との対峙から生まれた教会政治形態であり、
      監督主義のもつ教職位階制度を否定し、
      教職の平等性を主張します。

    この点は、1561年のベルギー信条にすでに見られます。
     同信条の第31条は次のように述べています。

     「神の言葉の奉仕者については、
      彼らがどのような地位にあったとしても、
      同等の権能と権威を有する。

      彼らはすべて、唯一の、普遍的監督であり、
      教会の唯一の頭である
      イエス・キリストの奉仕者
であるからである。」

 

────────────────────────────────────

[ICI](icd.1241010304) ★ Daily Systematic Theology by Aguro ★

      One More Paragraph!   −組織神学的瞑想のひととき−

───────────────────────── ICI E-Mail Lectures

   「キリスト教教理入門」

    第十二部 第41章 最後の状態 

   第一節 正しい人々の最後の状態:第二項 天国の性質

03/02 ■全うされた義人たちの霊≠ヨの言及にもまた留意しなさい。
                   -天国は完成された霊性の場所です。■
          </pdf/icd12/icd1241/icd.1241010304.pdf
          (パスワード:5331)        

    福音派に限定しましても、
     改革派系統は社会的・文化的聖化≠フ視点が明確です。
     メソジスト系統は内省的・人格的聖化≠フ強調に力点があります。
     そしてペンテコステ・カリスマ系統には超自然的な聖霊の働き
                             への視野が広がっています。

    それぞれの教派に「霊性」に関する
      共通の要素独特の要素が混在しています。ですから、
   クリスチャン・スピリチュアリティ≠フ主題と主旨の説明において、
    いきなり狭く入っていく前段階として、
   クリスチャン・スピリチュアリティ:イントロダクション≠ェある方が
     親切なのではないかと思います。

 

────────────────────────────────────

 [Monthly] 一宮基督教研究所インフォメーション・メール 2005/02/01-02/30

     One More Paragraph!   −組織神学的瞑想のひととき−

───────────────── ICI E-Mail Lectures Headline Digest

 

────────────────────────────────────

 [ICI](icd.1136302003) ★ Weekly Systematic Theology by Aguro ★

     One More Paragraph!   −組織神学的瞑想のひととき−

───────────────────────── ICI E-Mail Lectures

  「キリスト教教理入門」第十一部 第36章 教会の役割と政治 

   第三節 教会政治の様式:第二項 長老制

2/25■ひとつの地域にある教会のすべては中会によって治められます。■
     </pdf/icd11/1136/icd.1136302003.pdf >
       (パスワード:2161)

    「長老主義」とは、
      英語で「プレスビテリアニズム」(Presbyterianism)と言います。
      この用語は、日本語では「中会」と訳されてきた
      英語の「プレスビテリィ」(presbytery)という言葉を
      源として出てきた用語です。

    むしろ、この言葉は
     「地区長老会」あるいは「地域長老会」と訳した方が、
      内容的実態に合致しているかもしれません。

    いずれにしても、長老主義政治とは、
     「中会」(プレスビテリィ)の権威を中心に立てる点に
      特色をもつ教会統治形態のことを言うのです。

 

2/24

今週の火曜より、パソコンのアダプターの断線により、何度か変則的なかたちでパソコンが
終了し、システム・ファィルが壊れたとのアナウンスがでました。それで、臨時に別のパソコ
ンのアダプターを利用して、システム・ファィルを初期化し再インストールの作業をしていまし
たので、デイリー電子メール講義の配信はできませんでした。

また、電子メールと配信アドレスのデータは、2004.12/23までしか保存していませんでした
ので、12/24-2/21の間に、「電子メール講義」の配信を申し込んでくださった方は、申し訳
ありませんが、再度お申し込みください。よろしくお願い致します。

電子メール講義の配信は、来週より再開させていただきます。

────────────────────────────────────

[ICI](icd.1241010303) ★ Daily Systematic Theology by Aguro ★

      One More Paragraph!   −組織神学的瞑想のひととき−

───────────────────────── ICI E-Mail Lectures

   「キリスト教教理入門」

    第十二部 第41章 最後の状態 

   第一節 正しい人々の最後の状態:

     第三項 天国における私たちの生活:安息、礼拝、奉仕

02/21 ■この地上でなされた忠実な働きは
        天国における働きにつながることを示唆している…。■
           </pdf/icd12/icd1241/icd.1241010303.pdf
           (パスワード:1341)        

     「夜はもはやない。あかりも太陽の光もいらない。
       主なる神が彼らを照らし、
       そして彼らは世々限りなく支配する。」と記されて、


     「地を従わせよ、地を治めよ」と言われた
        労働の天上的連続が説かれている。

     それゆえ終末的世界は
       完全な安息、安全な労働の世界であると理解される。
       罪のない安息は、喜びの労働となり、働くことは憩いとなる

 

────────────────────────────────────

 [ICI](icd.1136302002) ★ Weekly Systematic Theology by Aguro ★

     One More Paragraph!   −組織神学的瞑想のひととき−

───────────────────────── ICI E-Mail Lectures

  「キリスト教教理入門」第十一部 第36章 教会の役割と政治 

   第三節 教会政治の様式:第二項 長老制

2/18■教会を治める長老を選ぶときに、人々は主がすでになされていた選択を、
     彼らの形式上の行為において確証しているのだと意識していました。■
           </pdf/icd11/1136/icd.1136302002.pdf >
        (パスワード:9241)

    「人々は彼らが特別にその教会を治めるよう資格づけられていると
     評価した個々人
を彼らの長老に選んでいた」という、
     この段落の記述だけをみますと、会衆制となんら変わるところが
     ない
のではないかとも思われます。

     牧田師は、そのような指摘に対して
      「役員として長老が存在すれば長老主義といえるのか?」
       という問題提起をされています。
             そして
      「いったい長老主義政治の要諦となるものは何なのか?」
       と問うておられます。

 

────────────────────────────────────

[ICI](icd.1241010302) ★ Daily Systematic Theology by Aguro ★

      One More Paragraph!   −組織神学的瞑想のひととき−

───────────────────────── ICI E-Mail Lectures 

  「キリスト教教理入門」

    第十二部 第41章 最後の状態 

   第一節 正しい人々の最後の状態:

     第三項 天国における私たちの生活:安息、礼拝、奉仕

02/17 ■天国におけるもうひとつの面は、礼拝です。
       ひとつの鮮やかな描写が黙示録の19章にみられます。■  
      </pdf/icd12/icd1241/icd.1241010302.pdf
        (パスワード:5351)        

  まず第1に,神学することは一つの信仰の行為である.

  第2に,神学の研鑽は
   ディサイプルシップ,スチュワードシップ,コミットメントである.

  第3に,正しい神学は,
    会衆から始めて会衆に向かい,会衆の名をもって考えていく.

  第4に,神学は,
    ただ神との対話という雰囲気の中においてのみ息づくことができる.   

 

2/17

 主の御名を崇めます。現代と次世代のための歴史的・正統的な”福音主義神学”のスタンダードと言われ、
日本各地の神学校で「組織神学」の標準的な教科書として使用されています『キリスト教神学』も第三巻まで
出版のはこびとなり、第四巻を残すだけとなりました。ICIのホームページの閲覧者の多くの方々にもご購入
いただきありがとうございます。

 ただ、その『キリスト教神学』も「難しい!」という感想を聞くことしばしばです。幾つかの神学校で講義して
学んでいる方々には「組織神学という科目は難しいと思っていましたが、きわめて分かりやすい興味深い
科目なんですね!神学生同士の交わりの中でも先生の講義からの恵みを分かち合う姿が多く見られました。」
といった声をよく聞いてきました。

 この違いはどういうことなのだろうと考えてまいりました。メイン・テキストの『キリスト教神学』には、聖書や
歴史における神学の解説
とともに、今日の思想や哲学への言及がかなり豊富となっています。それで、
それらについての若干の学びがはじめての場合に、「難しい!」という反応になっているようです。
素晴らしい書籍を買っていただきながら、「難しい!」と本棚に置かれたままになっている場合もあるようです。

そこで、今回、神学生の“自学自習”用に作成してきました「電子メール講義録」、つまり『キリスト教神学』を
学ぶための参考書
を従来の定価の半額にてお分けすることになりました。良かったら、ご購入ください。
現在、定価の半額セール中!

2/14

────────────────────────────────────

[ICI](icd.1241010301) ★ Daily Systematic Theology by Aguro ★

      One More Paragraph!   −組織神学的瞑想のひととき−

───────────────────────── ICI E-Mail Lectures

   「キリスト教教理入門」

    第十二部 第41章 最後の状態 

   第一節 正しい人々の最後の状態:
     第三項 天国における私たちの生活:安息、礼拝、奉仕

02/14 ■天国における贖われた者の諸活動については
                     あまり告げられていません。■  
      </pdf/icd12/icd1241/icd.1241010301.pdf
     (パスワード:5171)      

    天国における私たちの生活のひとつの特質は、
      安息であるでしょう。

    その用語はヘブル書で使用されているように、
      安息は単に活動の停止ではありません
      そうではなく
      決定的に重要なゴールに到着する経験なのです。

    したがって、約束の地の“安息”へのルートにおいて
      荒野を通っていく巡礼の旅に関する関連箇所が
      しばしばあります。   

 

2/13

○無料視聴【期間限定】講義:上記の「2004-2006 KV講義」の中の改訂版の第三章『ポストモダンと神学』ののPart01とPart02は無料視聴【期間限定】できます。

2/12

○上記の「2004-2006KV講義」の中に、今週の神学校での集中講義の導入部分を公開しています。

「キリスト教神学」の要約版:『基督教神学入門』の

第三部「神論

第10章 神の慈しみ深い善性

第11章 神の三一性:三位一体

 

────────────────────────────────────

 [Monthly] 一宮基督教研究所インフォメーション・メール 2005/01/01-01/31

     One More Paragraph!   −組織神学的瞑想のひととき−

───────────────── ICI E-Mail Lectures Headline Digest

1/31

『春期研究会案内第一報&研究発表公募案内』を作成し、三人のコーディネーターの間で了解がとれました
ので、西部部会のメンバーへの案内の意味もこめて掲載させていただきます。正式には、正木牧人先生の方
から、『福音主義神学』第35号、特集テーマ「讃美歌」とともに文書で送付していただきます。

●日本福音主義神学会 春期研究会 研究発表公募案内:対象は神学会会員と関連する神学校の学生です。

/pdf/jetsw/jetsw_20050425_am.pdf

●春期研究会案内第一報…主題:Christian Spirituality : Introductionの説明と主講師の紹介です。

/pdf/jetsw/jetsw_20050425_pm.pdf


1/27

●祈っていただいておりました『キリスト教神学』第三巻:人間論・罪論・キリスト論・キリストのみわざ論
が出来上がり、本日送られてきました。三人で分担して翻訳してきました『キリスト教神学』の第三巻は、
元聖契神学校校長の伊藤淑美先生の翻訳で、監修は宇田進先生です(税込定価4410円)。
エリクソンの『キリスト神学』は、教派を超えて人気があり、割と早めに版元品切れとなる恐れがあります
ので、この機会に購入していただけたら感謝です。

●『キリスト教神学』第四巻
:聖霊論・救済論・教会論・終末論−も 、仙台バプテスト神学校の森谷正志
先生の翻訳、監修は宇田進先生で、2005年度中に出版される予定です。お祈りください。

1/21

○ 上記の「2003-2005IV講義」の中に、今週の神学校での集中講義の導入部分を公開しています。

「キリスト教神学」の要約版:『基督教神学入門』の

第七部「キリスト論

第23章 キリストの神性

第24章 キリストの人性

第25章 キリストの人格の統一性

第八部「キリストのみわざ論

第26章 キリストのみわざについての導入

第27章 贖罪の中心的主題